西粟倉
西粟倉
高島
高島
厚真
厚真

ローカルベンチャースクール

ちゃんと稼ごう ちゃんと稼ごう
Eターン厚真れ! Eターン厚真れ!

最新の記事

NEW

凍った道を重機で進み、雪の中で木を伐る。マイナス20℃ならではの、厚真町の冬山造林。

NEW

モモカフェ・リスが遊びにやって来る森のカフェで3時のおやつはいかがですか?

NEW

まるで森ができるプロセスのように。2016ローカルベンチャースクールを、3人のキーマンと振り返る

NEW

末元住宅設備・機械大好き!少年のこころを持った技術者集団が新たに仲間を募集

NEW

採択されたのはどんな人、どんな事業?厚真町ローカルベンチャースクール2016・採択者インタビュー

NEW

工房 外山・クマゲラの鳴く里に移り住んで35年。穏やかな厚真での暮らしの中から生まれる木工アート

NEW

ほわんと浮かぶ優しい灯りに、祈りを込めて。西粟倉の冬のイベント・雪あかりin大茅に行ってきました

NEW

厚真町猟友会・狩猟歴33年。「外に出たらすぐ猟場」の厚真に移住して、マイペースに流し猟を楽しむ

NEW

山本材木店・木のように、ゆっくりでいい。ここで働き、育ってくれる人を募集します。

NEW

自分の山を持つ夢、この村なら叶います。林業に取り組む協力隊を、岡山県新庄村で募集します。

NEW

小林農園・札幌へも通える距離と、協力隊制度が移住の決め手。こだわりの卵を、お客さんに届け続けて。

NEW

エフティファーム・伊勢湾台風がきっかけで始めた養豚から、北海道No.1の” 米愛豚”が生まれるまで

NEW

関野意匠室+絡繰堂・作家夫婦ユニットのモノづくりと暮らし。岡山の端っこから見えてくる世界

NEW

鵡川漁業協同組合厚真支所・持続可能な漁のためには、採りすぎねえこと。ほっき貝と海を守る漁師の物語

NEW

先輩たちがいるから、初めての土地で起業しても孤独じゃない。西粟倉LVS2015採択者の帽子屋UKIYO・山口さんに聞く

NEW

食空間ゆるり・「産まれてくる子どもの存在が背中を押してくれた」厚真にUターン開業した料理人の決断

NEW

かまた木炭・厚真に移住して13年。先輩から受け継いだ技で、炭焼きを繋いでいきたい

NEW

「時代の変化を受け入れる苦悩と、変わらぬ想い」山で働いて40年。元森林組合・福島さん(私と百森vol.03)

NEW

「次のステップは、新しい森のデザイン」地権者交渉を8年進めてきた役場職員・横江さん(私と百森vol.02)

NEW

信念に、フレル、交わる。その先に。「冬のたけのこ」後編(フレル食堂の四季vol.01)

NEW

信念に、フレル、交わる。その先に。「冬のたけのこ」前編(フレル食堂の四季vol.01)

15年の遺跡発掘で見えてきた、交易で栄えた厚真町。縄文時代からアイヌ文化期へ、大地に眠る記憶を読む

「儲からないし課題もある。でも百森の仕事を続けて山を良くしたい」西粟倉初のベンチャー・木薫(私と百森vol.01)

10年目の今、改めて百年の森林構想を振り返る。「私と百森」特集、2017年から始まります。

3月4-5日(土日)「林業のシゴト」と北海道・厚真町の体験ツアーを開催します!

木を伐る林業作業員、募集。西粟倉の美しい森林を育て、未来を担う子どもたちに受け継いでいきませんか

ちょっとワルでも面倒見るで。岡田林業・働いた後の美味い酒、ぱーっと飲もうや

「私たち、まだまだ負けていませんよ」 厚真町を開拓したのも、ハスカップを育ててきたのも、生きるため

厚真町役場・「町のために」じゃなく、「自分たちが楽しもう」からプロジェクトチームが始まった

雨上株式會社・スープストックトーキョーでのクリエイティブ経験と、デザインの力を活かして地域で起業

クラシカ・ここで、古き良き暮らしを実践し続けることが天命。茅葺きの家と、結の気持ちを守り継いで

銀杏の黄葉

(募集終了)京都美山の秘境・人口40人の芦生集落に根ざし、働く。五感を活かし、地域のよさを掘りおこす。

挑戦の連続が愛される味を生む。創業48年、ジンギスカン肉の店・市原精肉店の物語

厚真町集落アドバイザー・「農家をしっかり儲けさせたい」厳しくも愛ある農業支援のプロフェッショナル

山、粧う

厚真町役場・行政は頭が固いなんて言わせない。有志のプロジェクトチームが仕掛けた、新しいこども園

エーゼロ高島しこぶち事業所・若い移住者に快適な暮らしを届ける、1,000万円の「小さな木の家」への挑戦

西粟倉村にある、一番の地域資源は「心」。心産業の議論から、この村のチャレンジが始まった

自分が協力隊になるなんて、思ってなかった。4,700人の小さな町にパン屋さんが出来るまでの物語

山口農園・母の想いを受け継ぎ、おいしいハスカップで厚真町を日本一に。

一見なんの特徴も無い田舎だからこそ、開拓の余地があるフロンティア、北海道厚真町

稲刈り
鮎
かばた

森と水と暮らしをつなぐ小さな家づくり。 滋賀県高島市での、新しいチャレンジ。

ablabo.・知恵を絞り、油を搾る27歳の起業をめぐる大冒険

合歓木

ablabo

掲示板 みんなの材木屋

掲示板 フレル食堂

掲示板 元湯

蕗
銀竜草
山藤
コチャルメラソウ
石斑魚(うぐい)の遡上

メゾン青樹・都会の大家さんも西粟倉村の挑戦者。青木純さんと西粟倉村の『共鳴しあう本気』

元・西粟倉村長・地域をあきらめないという意思表示。いま振り返る『百年の森林構想』とは

エーゼロ株式会社・人づくりを起点に地域経済をリノベする新会社が誕生

木工房ようびはつくり続けなければならない。彼らは、つくり続けていきたい。

地元の頼れる土建屋さん・小松組がリノベーション起業で正社員を新規募集します

挑戦者が増え、とうとう待機児童まで。厚生労働省のものでも、文部科学省のものでもない、西粟倉村の教育のカタチ。

製造所・ベンチャー企業の夢『森林の再生』を、30年培ったスキルとサラリーマン根性で支える

酒うらら・おいしい酒でみんなを元気に!酒屋と出張バーで、場所もジャンルも、自由に飛び越える

西粟倉・森の学校・村の地域商社が生む、人と木の生態系。そして新時代の幕開け

NPO法人じゅーく・持続可能な村のために、弱者の仕事と暮らしをつくる

木薫・木の薫りを次世代の子どもに届けるために、森を守り家具をつくる

軒下図書館・西粟倉に生きた祖母の想いを引き継いだ、異色のB&Bとパン屋さん

村楽エナジー・終わりなき日常の先にあるエネルギーの未来を拓く

FURERU・料理とカトラリー、丁寧な暮らしを差し出す2人

ホタルの森フェス リレートーク 04/04 これからの50年

ホタルの森フェス リレートーク 03/04 藻谷浩介氏トークショー 後編

ホタルの森フェス リレートーク 02/04 藻谷浩介氏トークショー 前編

ホタルの森フェス リレートーク 01/04 これまでの50年

東京から熊本へ。暮らしかた冒険家

踏鞴製鉄。2000年に渡る木と鉄の深い関わり

雪と鹿と雪室

材料を売る村から、商品を売る村に

伐旬(きりしゅん)

落葉樹の葉っぱは季節労働者

松が松茸菌を飼っていて、松茸菌は木からごはんをもらって大きくなる

夏の原生林は、生き物たちの声で賑やかになる

数少ない天然のウナギを手に入れて食べてみると「なんてことをしてしまったんだ!」と、思います

建築家は木のことを知らない

ミツマタの開花

自立の道を選択した村

人口1,600人の村の挑戦