岡山県西粟倉村
人口:1,500人
面積:57.97 km²
27.1℃

2004年、合併を拒み、村として残ることを決めた。2008年、「百年の森林構想」を掲げ、森林関連のチャレンジが次々と生まれるようになった。無謀な挑戦だと言われたが、西粟倉村は諦めなかった。そして、1億円ほどしかなかった森林関連の売上は、現在では約8億円に達している。好きなことだから継続していける、継続していくからこそ本物になる、本物になるから生き残っていける。

森林再生への挑戦を通じて得られたこの考え方が、地域全体に広がりつつある。そして2015年、ローカルベンチャースクールが始まった。森林関連に限定せず、この村では多様な挑戦が育ち始めている。

挑戦者

2008年に「百年の森林構想」を掲げ、その後、10社以上のローカルベンチャーが誕生した西粟倉村。現在では、森林関連以外にも多様なベンチャーや、起業家同士の生態系が生まれ、更なるチャレンジを積み重ねています。

NEW

末元住宅設備・機械大好き!少年のこころを持った技術者集団が新たに仲間を募集

NEW

山本材木店・木のように、ゆっくりでいい。ここで働き、育ってくれる人を募集します。

NEW

関野意匠室+絡繰堂・作家夫婦ユニットのモノづくりと暮らし。岡山の端っこから見えてくる世界

木を伐る林業作業員、募集。西粟倉の美しい森林を育て、未来を担う子どもたちに受け継いでいきませんか

ちょっとワルでも面倒見るで。岡田林業・働いた後の美味い酒、ぱーっと飲もうや

クラシカ・ここで、古き良き暮らしを実践し続けることが天命。茅葺きの家と、結の気持ちを守り継いで

西粟倉村にある、一番の地域資源は「心」。心産業の議論から、この村のチャレンジが始まった

(募集終了)西粟倉森の学校・西粟倉の森から日本の森へ飛び出すために、ヒラメキトキメク仲間が欲しい。

(募集終了)西粟倉森の学校・必要なのは起業家ばかりじゃない。挑戦を支える、村でもっとも「ふつう」な従業員

(募集終了)西粟倉森の学校・「木よりも断然、人が好き」な製造部エースが材木の夢物語を現実に変えていく

ablabo.・知恵を絞り、油を搾る27歳の起業をめぐる大冒険

メゾン青樹・都会の大家さんも西粟倉村の挑戦者。青木純さんと西粟倉村の『共鳴しあう本気』

たくらみ

里地里山の自然と、経済活動を行う人間たち。分断されて語られてきたそれらは、繋ぎ直せるんじゃないか。里地里山にある資源を循環させながら、自然や人の営みの豊かさを取り戻していくための、たくらみを伝えていきます。

NEW

「いつかは人の手に委ねざるを得ないとしても」山仕事が身近な最後の世代、萩原さんの葛藤(私と百森vol.5)

NEW

「木が安くなっても、山は宝。見捨てるのは忍びない」山主歴65年以上・平田さん(私と百森vol.4)

NEW

ほわんと浮かぶ優しい灯りに、祈りを込めて。西粟倉の冬のイベント・雪あかりin大茅に行ってきました

NEW

「時代の変化を受け入れる苦悩と、変わらぬ想い」山で働いて40年。元森林組合・福島さん(私と百森vol.03)

NEW

「次のステップは、新しい森のデザイン」地権者交渉を8年進めてきた役場職員・横江さん(私と百森vol.02)

NEW

信念に、フレル、交わる。その先に。「冬のたけのこ」後編(フレル食堂の四季vol.01)

NEW

信念に、フレル、交わる。その先に。「冬のたけのこ」前編(フレル食堂の四季vol.01)

NEW

「儲からないし課題もある。でも百森の仕事を続けて山を良くしたい」西粟倉初のベンチャー・木薫(私と百森vol.01)

NEW

10年目の今、改めて百年の森林構想を振り返る。「私と百森」特集、2017年から始まります。

ホタルの森フェス リレートーク 04/04 これからの50年

ホタルの森フェス リレートーク 03/04 藻谷浩介氏トークショー 後編

ホタルの森フェス リレートーク 02/04 藻谷浩介氏トークショー 前編

木のある暮らし

続ロイヤルアネックス。住まい手がトコトンつくる、いまだ現在進行形の522号室

賃貸住宅で自由なリノベーションをするためには、第二世代大家さんと出会うことから

日本の地域産材を中心に内装がつくられたパタゴニア京都店

町家オフィスのホワイトボードふすま 京都リサーチパーク町家スタジオ・Nota Inc.

築100年のシェアハウスと暗闇に浮き上がるテーブル 東京都台東区 かまじいの家

東京から熊本へ。暮らしかた冒険家

光あふれるつどいの場

古くて新しい、日本家屋シェア生活 kyoto kitchen

西粟倉村に移住した木工カップルの地産地消な暮らし方(後編)

西粟倉村に移住した木工カップルの地産地消な暮らし方(前編)

畑とともに暮らす

ローカルベンチャースクール

夢が実現するとは限りませんが、夢は描かないことには実現しません。 私たちは、地域の「やる人」を起点とした、ローカルベンチャー(地域を舞台にして価値創造に挑戦する事業体)の発掘・育成を行っています。

NEW

まるで森ができるプロセスのように。2016ローカルベンチャースクールを、3人のキーマンと振り返る

NEW

先輩たちがいるから、初めての土地で起業しても孤独じゃない。西粟倉LVS2015採択者の帽子屋UKIYO・山口さんに聞く

【後編】4組の支援事業者が誕生!西粟倉ローカルベンチャースクールの実態に迫る(村内応募者)

【前編】4組の支援事業者が誕生!西粟倉ローカルベンチャースクールの実態に迫る(村外応募者)

自分で自分をごまかさない。「本当のあなた」に向き合う、西粟倉ローカルベンチャースクール1次選考会

「行ってもないのに事業計画なんてできません」じゃあ、ローカルベンチャースクール応募前に何をする?

村そのものが、日本の未来の研究所。社会起業家たちが見た西粟倉村。

西粟倉で起業しませんか:フードハブで作り手と買い手をつないで、小規模農家の未来をつくる

西粟倉で起業しませんか:障害があっても、誰もが自由に出歩き暮らす、おおらかな村を目指したい

西粟倉で起業しませんか:赤字施設なら、タダで貸した方がずっといい。村でお店をやりたいテナント募集

西粟倉で起業しませんか:のんびりした田舎は幻想?共働きの移住ファミリーの育児をちょっと楽にしたい

西粟倉で起業しませんか:森林への愛とビジネスマインド、両手に抱えて林業再生!

西粟倉で起業しませんか:エコツーリズム、エネルギー活用。村の自然を活かす可能性はまだまだある。

ちゃんと稼げる事業を、村に増やす。西粟倉ローカルベンチャースクール2016始動

いよいよ挑戦の切符がその手に!『西粟倉ローカルベンチャースクール2015』最終回レポート

若者よ、挑戦者たれ。嵐の起業プレゼンテーション大会『西粟倉ローカルベンチャースクール2015』第2回レポート

挑戦者を地域みんなで育む学校『西粟倉ローカルベンチャースクール2015』第1回レポート

人類ひとり一人がベンチャーだと思っています。9月26日から開催『西粟倉ローカルベンチャースクール』校長・勝屋久先生より

掲示板